下戸でも飲みたい!そんなあなたにおすすめのお酒とは

お酒

下戸だって飲み会は好きだし、酒の肴も好き。

家でちょっと飲みたいときだって、もちろんある。

でもお酒に弱いとたくさんは飲めず、買った缶ビールやチューハイも飲みきれないことが多いですよね。

もちろん、アルコール自体がダメな人はお酒は飲めないから、残念ながらこの先を読んでも参考にはならないでしょう。

でも、ちょっとは飲めるんです!たくさん飲めないだけ、そんな人におすすめしたいお酒と飲み方を紹介します。

飲めないこそ日本酒をおすすめします

いや、飲めないってい言っているのにいきなり日本酒?

驚くのも無理はありません。日本酒はアルコール度数が15%前後あるお酒です。ビールが5%前後ですからずいぶん高いですよね。

もちろんビールやチューハイと同じように、ゴクゴク飲んだらすぐに酔っ払います。でも日本酒は、ゴクゴクではなく、チビチビ飲むお酒なのです。

おちょこ1杯、それだけ楽しんだっていいんです。

日本酒は1度封を切っても冷蔵庫に入れておけばしばらく楽しめるお酒です。

ワインのように数日で飲みきる必要がありません。

お酒は少ししか飲めない、下戸でも楽しめるのが魅力の一つです。

夕飯のときにちょっと1杯、日本酒ではじめてみませんか。

日本酒を飲んだことがない人はここから始めよう

日本酒といっても種類はさまざまです。純米酒、吟醸酒、大吟醸・・・酒蔵や米の種類、酵母によってもかなり味が変わってきます。

あまりにも種類がありすぎて、どれから選んだらいいのかわからない、ということが多いのではないでしょうか。

日本酒に苦手意識があるなら、ジュースみたいに軽く飲める発泡日本酒から飲むことをおすすめします。

チビチビ飲むより今日はのど越しよくスカッと飲みたい、そんなときにもいいですね。

発泡タイプが苦手であれば、住んでいるところのお酒から入るのもいいですね。

地元のお酒を知ると実家のそばのお酒は?旅行先で行ったあの場所は?と興味が膨らんで楽しいですよ。

意外と自由!日本酒を気軽に楽しもう

買ったお酒がイメージと違ったな、そんなこともあるかもしれません。

日本酒はそのまま飲むものではありますが、自分の好きなもので割って飲んでもいいのです。

もちろん、作り手は割って飲むことを前提にしていないでしょうが、日本酒ってもっと自由でいいと思うのですよね。

一口目もちょっとキツいな、と思ったら水で割ってみましょう。

お酒:水=8:2で飲むことで、アルコールのピリピリした感じが和らいで飲みやすくなり、原料の米の風味をよく感じるという人もいます。

夏にはロックで飲むこともあります。

冷酒杯に氷を1つ浮かべて、日本酒を注ぐだけ。

夏に発売される「夏酒」と呼ばれる日本酒であれば、ロックにしてもキリっとおいしくいただけますよ。

上手に飲むにはチェイサーと一緒に

下戸の一番の悩みは、ほか人より早く酔っぱらってしまうこと。

日本酒のようなアルコール度数の高いお酒ならなおさらです。

なので、お酒を飲むときは一緒に「チェイサー」を頼みましょう。

チェイサーとは一般的に「水」のことを指します。

日本酒とチェイサーを交互に飲むことで、酔いの回りが遅くなり、翌日の二日酔いも避けられます。

体にも優しい飲み方なので、ぜひ一緒にチェイサーを頼んでくださいね。

もっと知ってほしい日本酒のよさ

日本酒というと酒豪が飲むものというイメージが強いですが、私はもっと自由なお酒だと思っています。

どの日本酒も米が原料であるのに、酵母や作り方によってこんなに味わいが変わります。

そんな日本酒の面白さを、もっと知ってほしいんですよね。

堅苦しいことをいわずに、まずは好きなように飲んでみましょう。

下戸の人でも、きっと新しいお酒の楽しみ方を知ることができるはずですよ。

タイトルとURLをコピーしました