「どぶろく」って自宅で作れるの?にごり酒とはなにが違うの?疑問を徹底解説

お酒

どぶろくって知っていますか?

「白くてドロドロしたお酒」ということは、何となくわかるかもしれませんね。

昔は自宅でつくっていた、なんて話も聞いたことがありますが、今でも自分で作れるのでしょうか。

手作りがブームだから作ってみたい、なんていう人もいるかもしれませんね。

どぶろくは自宅で作れるのか、そもそもどぶろくとはどんなお酒なのかを解説します。

どぶろくは自宅で作れるの?

結論から言うと作れません

作るためには「酒類製造免許」というものが必要になってきます。

いくつかルールがあるうち、最もハードルが高いのは「年間で6,000L以上の仕込みをしなくてはならない」という条件です。

6,000Lといったら一升瓶に換算すると、3,300本を越える酒蔵レベル。個人ではとても無理な話ですよね。

免許がない以上、どんなに少量でも作ること自体が違法となってしまいます。

どぶろくの作り方は?

上の章でものせましたが、自分でどぶろくを作ることはできません。

あくまでも参考にとどめてくださいね

どぶろくの基本的な材料は、米、米麹、水が基本です。

1・米を蒸す

2・冷めてから米麹をかける

3・水と酵母菌を加えて発酵させる

4・数日発酵させてできあがり

かなりざっくりした説明ですが、大体こんな感じです。

発酵させた後にさらに二次発酵させたり、火入れをして発酵を止めたりといったこともしますが、それぞれですね。

どぶろくの特徴は、「濾す(こす)」作業がないこと。

濾すと、清酒(日本酒)の扱いになります。

恵利
恵利

どぶろくはドロドロになった米も一緒に飲むので、米のうま味を楽しむことが出来るお酒ですよ。

どぶろくは日本酒ではない!?

どぶろくは日本酒ではありません

どぶろくの製造方法は前述したとおり、米を発酵させ、固形物を濾していない状態です。

日本酒の定義は「上槽」、つまり濾す工程を行うことが必須条件なのです。

「上槽」とは、発酵した後に濾し布を使って固形物と液体を分ける、最初の作業です。

恵利
恵利

ここで残った固形物が「酒粕」ですね。

どぶろくは濾す作業がないため、日本酒ではなく「その他醸造酒」という扱いです。

作れる場所もあるってホント?

地域の活性化をめざした「どぶろく特区」というものが存在します。

市町村単位で認定が受けられれば、自宅でどぶろくを作ってもいいよ、という地域のことです。

とはいえ、やはり条件があります。

誰でも作っていいわけではなく、免許を取る必要があります

本来、酒類を製造するにはいくつかの条件があります。

特区であればその条件を満たしていなくても、免許が取れるということなんですね。

上でものせた通り、酒類製造免許を取るのであれば、年間6,000Lのお酒をつくる必要があります。

個人や小規模事業者では、かなり高いハードルですよね。

この壁が取り払われた場所が、「どぶろく特区」というわけです。

どぶろく特区では酒類製造販売の免許が取りやすいですが、それでも条件があります。

どぶろく特区で酒類製造免許を取るための3つの条件

1・農家や農家レストランといった農業に携わる人間であること

農家の個人や法人、農家の家族、農業の生産法人の組合員がこれにあてはまります。

2・原料は「米・米こうじ・水」もしくは「米・水・特定物品」を使い、濾さないもの

米はなんでもいいわけではなく、自分で作った米に限ります

農家といっても、米農家であることが条件だというわけですね。

特定物品とは「麦」や「ひえ」といった、政府が決めた材料に限ります。

3・農業者名義の工場で作ること

製造場所は農業者の名義である必要があるということですね。

ほかにも細かいルールが決められていますが、大まかにいうとこの3つがどぶろく特区でどぶろくを作るための免許が取れる条件です。

恵利
恵利

特区だからといって農家でない私がその辺のお米を買ってきて、どぶろくを作ることはできない、というわけですね

どぶろく特区で免許がとれた!でもやってはいけないことがある

・どぶろくに混ぜ物をすること

米と米麹と水で作るどぶろくに、ほかの原料を混ぜるのは違法です。

米と米麹を使ったどぶろくに、麦や果物などを混ぜるのは違法ですが、米+水+決められた材料(麦やアワなど)で作るのはOKです。

・「濾す」作業をした場合

布で濾(こ)して、原料を取り除くと違法になります。

米のつぶを潰したり、加熱するのはOKです。

・自分で作っていない米を使った場合

よそからお米を買ってどぶろくを作ることはできません。自分でお米を作る必要があります

農家の人でないと無理ですね。

どぶろくとにごり酒の違いは?

どぶろくは「その他醸造酒」ですが、にごり酒は「日本酒」です。

これは「上槽」、つまり濾す作業が入るかどうか、ということになります。

このことによって、どぶろくは米のツブツブが少し残ったドロドロしています。

にごり酒は米のツブツブを濾しているので、大きな固形物は残らずドロドロはしません。

にごり酒の作り方は?

どぶろくと同じ工程の後に、蒸し米に麹を入れて醪(もろみ)の状態を杜氏が見極めて、醸造アルコールなどを加えます。

そのあとに醪(もろみ)と水分を分ける「上槽(じょうそう)」という濾す作業を行います。

にごり酒は目の粗い布で濾して、澱(おり)を瓶に詰めたものです。

濾した後に残った固形物が酒粕として残ります。

この澱が入った日本酒を、にごり酒と呼んでいるわけですね。

火入れをしていないものが多く、発酵が進んでいるため開栓したときに炭酸の勢いが強いものが多いです。

どぶろくでおいしい日本酒といえばこれ

下戸でも大丈夫!低アルコールどぶろくの「山口酒造場 鶯印のどぶろく」

アルコール度数が6%と低めなので、飲みやすいどぶろくです。できる限り手作業で作った鶯印のどぶろくは、乳酸飲料を飲んでるようなさわやかさも感じられます。

ふんわりやさしい味わい「仙醸 黒松仙醸 どぶろく」

こちらもアルコール度数が6%の低アルコールどぶろくです。一口目で幸せを感じる、女性向けのどぶろくです。パッケージもかわいいですね。

公式ホームページでは、カルピスやジュースで割った飲み方も提案されていますよ。

辛口の昔ながらのどぶろく「宮守川上流生産組合 遠野どぶろく からくち」

遠野は日本で一番初めにどぶろく特区が誕生した場所です。昔から親しまれていた地域のどぶろくを今ではインターネットで注文できるのですから、いい時代になったものです。

上の2つのどぶろくと違って辛口で、アルコール度数も15%あるので、日本酒が好きで飲み慣れている人も満足できるどぶろくですよ。

にごり酒でおいしい日本酒といえばこれ

白川郷の伝統神事を受け継ぐ「三輪酒造 白川郷 純米にごり酒」

どぶろくは収穫の恵みに感謝して、どぶろく祭りで神様に奉納していたお酒です。このどぶろく祭りの伝統を残そうと、白川村から依頼を受けて作られたのが、純米にごり酒です。

米と甘みのバランスが絶妙で、うま味が強いにごり酒ですよ。

甘口でもさらりと飲めるにごり酒「清酒 國盛 にごり酒」

にごり酒の中では甘みが少なく、さっぱりとした印象です。5℃前後に冷やして飲むのがおすすめです。こたつに入りながら鍋料理と一緒に食べるとよく合いますよ。

とろりとした濃厚なコク「八鹿 にごり酒」

職人の手作業によって丁寧に粗濾しされたにごり酒は、濃厚でクリーミー。氷を入れてロックで楽しむのもおすすめです。クリームシチューや味噌煮といった、濃厚な料理にも負けないコクがあり、料理にもピッタリ合いますよ。

まとめ

どぶろくやにごり酒のことがおわかりいただけましたか?特区でも誰でも簡単にどぶろくが作れるわけではないのですよ。自分で作ってみたい人もいるかもしれませんが、今のところはやめておきましょう。もしかしたらほかの国のように、日本も自家醸造が可能になる日が来るかもしれません。その日まで楽しみに待ちましょうね。

タイトルとURLをコピーしました